カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

アンケート集計結果公開

こんにちは、WordCamp Kansai 2015広報すみだです。
年末も押し迫ってきましたがあの暑い夏の日を忘れてはいませんよ!先日ようやく実行委員内で反省会を開くことができました。改めて登壇してくださったみなさん、参加いただいたみなさんに感謝します。

当日お答えいただいたアンケートも集計しましたので公開します。ご意見もたくさんいただき、数件に絞るのはもったいないと言うことで全件公開します。

2015-1
2015-2 2015-3

自由回答

  • 「WordPressでプラグイン作成のハンズオン」について→もう少し高度なことをしたかった。
  • 「WordPressで行う継続的インテグレーションのススメ ハンズオン」→環境設定ができていなくてご迷惑をかけてしまった。
  • Good!! とどこおりの無いうんえい。軽食とスポンサーをからめる。コントリビューターを探せ!!どれもWCT2015をするときのさんこうにしたいと思いました。
  • Webの業界に入ってまだ浅いので半分くらい意味分からなかったです^^;
  • でも来てよかったです。
  • アクセスページがわかりやすく、迷わずに来れました。
  • ありがとうございました。
  • ウェブサイトやパンフレットの案内がとても親切で助かりました!
  • ありがとうございました。明日も来ます!
  • エアコンがすごくきいてました
  • おつかれさまでした。
  • おもしろかったです。プラグイン作ります。
  • スタッフさんの丁寧な対応、気配りがよかったです。軽食が充実しすぎてて感動しました。ただ、ハンズオンが仕事の都合上、当日しかとれず、当日別のセッションに行っていたら、すぐに枠がなくなってしまったのが非常に残念でした・・・。ほかのセッションがムツかしいのばかりだったので、もう少しゆるいセッションがもう1つあるとうれしかったです。
  • ずぶの初心者にもわかりやすいセッションがあるといい
  • すべて大満足でした。ありがとうございます。
  • セッションの一部のみでしたが、非常に勉強になりました。
  • セッションの数が少し少ないのが残念だったかも?ハンズオン等が出来なかったので少し時間が余ってしまいました。
  • はじめて参加させていただきました。5年以上、仕事でWordPressを使ってきましたが、すべて独学(Webの情報と本)で学んできましたので、自分以外の人のWordPressの使い方や考え方にふれられて、おもしろかったです。
  • ただ、ハンズオンやセッションを経験していませんので、このWordCampの魅力や楽しさを半分も体感していないのだろうなと思います。次回はぜひハンズオンも参加してみたいと思います。
  • 明日は参加できませんが、以前クライアントさんのサイト(WordPressで作成)が何度かマルウェアに感染したことがあるのでセキュリティのお話がきけなかったのが残念でした。(海外のサイトで海外のサーバーでした)
  • ハンズオンが少人数で質問しやすく和気あいあいと学べました。
  • ハンズオンに初参加し、すごく楽しかった。
  • (事前申し込みが必要なことが、サイトを見た際気づかなかった)
  • ハンズオンの定員数を増やしてほしい。事前設定の案内が親切でよかった。
  • フリーのWiFiがあるとよかった。
  • ヨコのつながりが出来たのがよかった。
  • ワイワイした雰囲気ですごく楽しかったです。
  • 一日目は初心者向けが少し少なかったのでもう少し増やしてほしいです。(ハンズオンに参加したかったが、満員で参加できなかった)
  • 運営の方がお疲れ様でした!フリー参加型の懇親会も楽しみです。
  • 会社に入ってWordPressを触るようになったので、分からないことが多くて困ってたので、このような場があることがとても嬉しいのと、いろんな話を聞くことができてよかったです。愛知から来ましたが、来たかいがありました!名古屋で行われるWordFesにも今後参加するので、そちらでも学んでいきたいです☆Codexの翻訳についてのお話が私的に一番よかったです。リンク切れの直しなどの簡単なところからやってみたいと思いました。
  • 会場が少し遠いのが難点ですが、プログラム的に楽しめました。
  • 会場の部屋などわかりやすかった
  • 会場も広くてよかった。
  • WordCampスタッフの皆様ありがとうございました!!!
  • 去年よりセッションが減り、ハンズオン等が増えたのは新しい試みと思いますが、その分初心者には参加しにくくなったのかも、と思われます。
  • しかし、参加者のターゲットをしぼりたいという目的であれば、それもよかったと思います。今年は想定する参加者レベルや伝えたいテーマがしぼられているのはむしろ良かったと思います。たとえば、コミュニティの重要性などです。ただし、会場のアクセスが悪いのが参加者の減少につながったのでしょうか。
  • 今回も勉強になりました!!次回も参加します。
  • 作業の人数を増やしてもらえると嬉しいです。
  • 参加者ともっと仲良くなりたいんだけど、仲良くなれるきっかけがないです。参加者と仲良くなれるようなプログラム(特に、素人で人脈がない人間)があると、嬉しいですが、ニーズがないですよね…。
  • 事前のタイムテーブルを見る時点で、どのくらいのレベル向けか知りたかった。首からかけるシールの案はすごくいいと思います。べんり!
  • 事前予約が多くて参加できないセッションが多かった
  • 受けたいセッションが事前申込の時点で満員になっていたため受けられませんでした。早めに事前アナウンスを行い、早期定員に達したセッションは増員していただけるとありがたいです。
  • 初めての参加でしたが、勉強になった。
  • 来年もまた参加したい。プラグインのハンズオンを増やしてほしい。
  • 初心者向けではないセッションの内容が多い気がする。
  • セッション内容が初心者向けも増やしてほしい
  • 場所が良いですね
  • 深い内容ではなかったですが、セッションの内容はわかりやすかったです!
  • ハイパフォーマンスWordPressはためになりました。
  • 折角、外国の方をお招きしているのに、後訳だとペースが半分になってもったいないと思う。
  • 同時通訳で字幕表示か、何かチャットサービスのようなもので、手元のスマートフォンで読めるとか対策してほしい。
  • 意外と平易な発音もしっかりした英語だたので、ある程度そのままで理解できる。後からの日本語のじかがもどかしいと感じました。
  • 専門的でした。初心者なので、難しかったです。
  • 特になし
  • 入場整理やハンズオン受付手順をマニュアル化(例: 2列に並ばせるなど)した方が良い
  • 勉強になりました!
  • 勉強不足でわからないこともたくさんありましたが、今日知らないと感じたことを自分なりに調べてまた参加したいと思います。初参加でどんな雰囲気かと不安もありましたが、楽しめました。次回はハンズオンなどにも参加したいと思います。ありがとうございました。
  • 明日も楽しみにしています。
  • 面白かったです。Wi-Fiのアナウンスがもう少しあれば。Japhさんのセッションは通訳の方がもう少し大きい声だと良かったです。
  • 予約が必要なのを知らなかった・・・
  • 冷房が強くて、外と差があって寒かったです。

■攻撃者からみたWordPressセキュリティについて)

  • →同業のため大変参考になりました。

■先取り!WordPressとPHP7)

  • →プラグイン開発をしているため参考になりました。

■デザイン初心者向けワークショップについて

  • セッションがききとりづらかった。はっきりはなしてほしい。

■体験して学ぶ はじめてのブログ・サイト制作について

  • はじめてのブログ開設の説明はよかったのですが、専門用語が多すぎる。
  • 今日は連れにワードプレスをカスタムしてみようとする人がいるのですが、そこが大きな不満だともらしていました。
  • 皆のものだということをうたっているワードプレスなのに、初心者お断りの講義には疑問を感じます。

■告知サイトについて

  • 内輪だけのサイト作りなら、こんなに大きくする必要はないと思います。
  • ブログ作成をいちからしてみたいという人にも門戸を開くならば、申し込みや説明をもっとわかりやすくすべきです。
  • 文句が多すぎて申し訳ありません。
  • すべて無料で提供するすごさは、いつも本当に恐れ入ります。
  • ドリンク、おにぎりは何も買わずにきてしまった私に取って、救いの神です。
  • ありがとうございます。
  • 点数をつけるなら、80点ですね。
  • 10:30に事前準備室に行ってしまい、11時からのハンズオンの当日予約ができなかった人が何人もいる。
  • 事前準備室と予約受付担当の連絡はきちんと行なった方が良い。
  • 1日楽しかったです。ボランティアの方、おつかれ様でした!
  • LT大会について
  • メガネさんのがおもしろかったです
  • あいかわらず活気があって楽しいです
  • オープンデータの話があったので自治体も参加しやすかった。
  • おつかれ様でした!!
  • おやつなどたくさんあったのは良かったです。
  • コントリビュートスタジオの場所が分かりづらかった。
  • スタッフの皆さん 2日間お疲れさまでした。ありがとうございました。
  • スポンサーしては参加者が少なくて微みょうでした、おつかれさまでした。
  • セッションの会場が少し寒かったです。
  • たくさんの方の話を聞かせていただきました。
  • とても勉強になりました!また来年も参加したいです!
  • はじめて来ましたがおもしろかったです。
  • ハンズオン最高でした!wi-fi環境の調整が大変そうでしたが、きっと改善できると思います。
  • フレキシブルな応対で気持ちよく参加できました。
  • 楽しく、昔の仲間とあうことが出来て良かったです!!
  • 参加している方に声をかけるタイミングを失ってしまって、なかなかコミュニケーションが進みませんでした。
  • 人見知りでもお話のタイミングを掴みやすい、テーマ別のフリースペース(ディスカッションスペース?)(テーブルとイス)などがあったらいいなぁと思いました。
  • 自分のテーマ「実店舗をネットで表現」 夢と思っていましたが可能性が見えてきました!
  • 初めての参加で緊張しましたが、以前よりもWordPressに近づけた気がします。
  • 初めて参加しました。ネット上の資料だけを見るのではなく、生の声を聴くことができてとてもよかったです。地図や中の配置がわかりにくかった。サイトに大学の全体の案内地図があるとまよわなかったと思います。1日目より案内やテーブル等の配置がわかりやすくなりました。いろいろとありがとうございます。
  • 初参加ですが大変勉強になりました。次回もぜひ参加したいです。
  • 神イベント。そうぞうをぜっしていた。
  • 全てのハンズオンが事前受付できると助かります。今日はありがとうございました。
  • 全部おもろいかったわー♡
  • 東京のCampもよろしく!!!たのむ!
  • 大変良かったのでもっとせんでんして欲しいかなと
  • 聞けない事などが聞けて良かった

pdfデータのダウンロード・集計データ

WordCamp Kansai 2015 アンケート結果pdf
集計データスプレッドシートはこちらから

集計をおえて

関西での開催でしたが、全国から、また海外からもご参加いただきありがとうございました。ところで今回のアンケートは筆記形式でしたが、実行委員内でも誰も知らない場所からおいでいただいた方がいらっしゃいました。

11880538_1041499199208495_4515493319163554363_n

「ままも」からいらっしゃった方、遠くから(?)ありがとうございます!!こういう味のあるのが筆記アンケートのいいところです、みなさんの筆の様子から想いが伝わってきました。ご回答ありがとうございました。

WordCamp Kansai 2015写真公開!

みなさんこんにちは、WordCamp Kansai 2015 広報すみだです。
大変長らくお待たせしました、WordCamp Kansai 2015当日の写真を公開します。

熱い太陽、たくさんの人、そしてたくさんのおにぎり…とても楽しい2日間でした。
少し前のことになってしまいますが、ぜひ当日を思い出しながらご覧ください。
スポンサー様やスピーカーのみなさんはブース出展、登壇の記録としてどうぞご活用ください。

撮影:Atsushi Andoさん、ながとみちはるさん、山本倫江さん

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子

会場の様子・参加者のみなさん
http://photos.next-season.net/wckansai2015/State_of_hall/

セッション・ハンズオン・スピーカーのみなさん
http://photos.next-season.net/wckansai2015/session_handson/

スポンサー様ブース
http://photos.next-season.net/wckansai2015/sponsor_booth/

スタッフ・実行委員たち
http://photos.next-season.net/wckansai2015/staff/

WordCamp Kansai 2015終了しました

こんにちは、広報すみだです。終了から1週間と日が経ってしまいましたが、終了のご報告と感謝と、いただいた感想のご紹介などさせてください。

WordCamp Kansai 2015終了しました

2015年7月25日、26日の2日間、大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館にて「WordCamp Kansai 2015」を無事終了することができました。

「“Get Involved” 進化を続ける未来に出会おう」をテーマに2日間、夏の暑い日差しのもと遠方からもたくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。スピーカーのみなさん、世話役のみなさん、ご支援いただきましたスポンサー様、そしてご参加いただいたみなさんのおかげと、実行委員一同感謝しています。

軽食・懇親会の提供や、2日間セッションやハンズオン、コントリビューションを行うなど、WordCamp Kansaiとして初めての試みも多かった今年。みなさん楽しんでいただけたでしょうか。半年に渡り準備してきたものを、当日みなさんが楽しんでいらっしゃる様子を見るのは実行委員にとって大きな喜びです。反対に、いざ当日を迎えて気がつく反省点もたくさんあります。それはまた次のWordCamp Kansaiへ引き継いで行けたらと思います。

イベントの内容については、すばらしいセッションやハンズオンの数々に、コミュニティの力というものを強く感じる今回でした。短いセッションのために、遠方から、遠くは海外から駆けつけてお話しくださったスピーカーさん、ご支援くださったスポンサー様には感謝しかありません。

すでに参加者さん、スピーカー・スポンサー様、実行委員・当日スタッフからもたくさん感想いただいています。また、当日いただいたアンケートも現在集計中で、近日まとめて公開予定です

WordCamp Kansai 2015は終了しましたが、WordPressとコミュニティはまだまだまだ続きます。今回得たものを、またこれからの活動に活かしていただけたらうれしく思います。

感想をいただいたブログ記事一覧(順次追加)

WordCamp Kansai 2015【1日目】|ja.naoko.cc
WordCamp Kansai 2015【2日目】|ja.naoko.cc
Joined WordCamp Kansai 2015. | Banjo
WordCamp Kansai 2015に行ってきました|まよねーずブログ
WordPressのイベント「WordCamp Kansai 2015」にスポンサーとして参加しました。|コワーキングスペース7F
WordCamp Kansai 2015 に参加してきました。|Toro_Unit
WordCamp Kansai 2015 1日目(7/25)に参加しました!|What I Know ~ワッタイナ
WordCamp Kansai 2015、shinchaya的ふりかえり。|網站・茶商 SHINCHAYA
WordCamp Kansai 2015に参加して #wck2015|Knowledge for WordPress
『WordCamp Kansai 2015』行ってきました♪|すいきの億万長者への道
長崎から WordCamp Kansai 2015 に参加した話|モンキーレンチ
CONTRIBUTING TO WORDPRESS FOR PROFESSIONAL DEVELOPMENT: WCKANSAI 2015|DigitalCube Blog
WHY WORDPRESS CONTRIBUTIONS DRIVE US TO THE ROAD OF INNOVATION|DigitalCube Blog
WordcampKansai 2015に行ってきたよ。part.1|taz548’s blog
WordcampKansai 2015に行ってきたよ。part.2|taz548’s blog
WordCamp Kansai 2015が開催されました|サクサクプロジェクト ブログ
WordPressのテーマやプラグイン開発のビジネスモデルとGPLライセンスの壁 – WordCamp Kansai 2015|アンギス
WordCamp Kansai 2015から何をつかむべきか|司法書士松宮法務事務所
WordCamp Kansai 2015に参加いたしました|プライム・ストラテジー株式会社
WordCamp Kansai 2015にハンズオンしに行った話|WP-kyoto
WordCamp Kansai 2015 参加レポート|kintone BLOG
WordCamp Kansai 2015実行委員&世話役終了しました|デザイナーのイラストノート
WordCampKansai2015に行ってきました | PengNote
WordCamp Kansai 2015で当日スタッフをしてWordPressの翻訳やサポートなどお手伝いをしてきたよ|ぼちぼち
WordCamp Kansai 2015。貢献というテーマ、セッションvsハンズオン、スポンサーとGPL、Campの目的について|Shinichi Nishikawa’s
WordCampKansai 2015 に登壇してきました。|株式会社ベクトル スタッフブログ
WordPressはじめの一歩テーマ作成ハンズオン[子テーマ] フォローアップ|アカリのweb cafe
WordCamp Kansai 2015 で Get Involved 〜 WordPress を使う全ての人に聞いてほしい重要な話|アルケミスタの住人
有給休暇を取得しなかったのは痛恨のミス ~WordCamp Kansai 2015に行ってきた|ジャスティス岡本の週末ハッカー
WordCamp Kansai 2015 は暑くて熱い2日間でした|Cherry Pie Web
WordCamp2015 Kansaiに参加!やはりプロのWordPress使いのお話はタメになりますな|わぃ、おがわ
[WordCamp関西2015]のイベント超最高に楽しかった!レポートするよー|みやびぃの雑記帳
WordCamp Kansai 2015☆|ミリィのプチセレブデイズ
wordcamp kansai 2015|ケートミィ・メディアラボ
WordCamp Kansai 2015行ってきました|あっかぎのページ
WORDCAMP KANSAI 2015のスライドまとめ|WEB屋 Junonet
「先取り!PHP 7 と WordPress」を発表しました|Shin x blog
WordCamp Kansai 2015に参加しました|More Publishing
『WordCamp Kansai 2015』に参加しました|satoyan419.com
WORDCAMP KANSAI 2015 2日目に参加してきました|ぴんくいろにっき
WordCamp関西2015のセッション&ハンズオンのつくりかた | Firegoby
WordCampKansai2015でトーク&ハンズオンセッションをしてきました|待宵
WordCamp Kansai 2015 に参加して|shimakyohsuke.com
WordCampKansai 2015 ハンズオンセミナーで学んできました|アメブロ・WordPress・Facebookを駆使して、ドンドン集客・ブランディングする運用術

togetterまとめ|WordCamp Kansai 2015 Get Involved ―進化を続ける未来に出会おう― #wck2015

WordCamp Kansai 2015終了しました

WordCamp Kansai 2015ライトニングトーク登壇者募集!

こんにちは、WordCamp Kansai 2015広報チームのミスミです。

7/25,26の2日間開催となる今回のWordCampですが、2日目に「LT大会」を開催することが決定いたしました!

5分間の間で自分の話したいことを自由に話せるライトニングトーク。時間内に収めることができればどんなコアな内容を話しても、WordPressの好きなところを語るだけでもOK!
公募セッションに間に合わなかった・・・という方や、どうしても自慢したいことがあるという方はふるってご応募ください!

WordCamp Kansai 2015ライトニングトーク登壇者募集!

概要

日時

2015年7月26日(日)15:15~16:00

会場

セッション講堂(収容人数:350人)

募集人数

6人

持ち時間

1人5分

去年はこんなLTがありました!

組長サイトの作り方

応募フォーム

2015年7月17日を以って一旦締め切りとさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

スポンサー様一覧

WordCamp Kansai 2015スポンサー様募集は締め切りました、多数のご支援誠にありがとうございます。
今回ご支援いただきましたスポンサー様一覧はこちらです。スポンサー様の一部は1階「スポンサー&アンカンファレンスホール」にスポンサーブースへの出展、またサポーターとしての発表も予定していますので、みなさんぜひお楽しみに。

プラチナスポンサー

Jetpack

Jetpack is a free WordPress plugin that simplifies managing your sites by connecting to WordPress.com. This connection enables Photon (global CDN for images), uptime monitoring, brute force protection, traffic-boosting tools, single sign on, multiple site management, and automatic or bulk plugin updates. Additionally Jetpack includes several features that help you customize the look-and-feel of your site without needing extra plugins. More information can be found at jetpack.me

超高速WordPress 仮想マシン「KUSANAGI」

◆超高速 WordPress 仮想マシン「KUSANAGI」とは?

プライム・ストラテジー株式会社が開発、構成する仮想マシンおよびそのイメージです。WordPress 実行時間 3 ミリ秒台、秒間 1000 リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスの WordPress 実行環境です。

プライム・ストラテジー内部のパフォーマンス測定結果では以下の処理能力を実現しています。

ab -n 10000 -c 300 http://kusanagi.tokyo/

Server Software:
nginx
Server Hostname:
kusanagi.tokyo
Server Port:
80
Document Path:
/
Document Length:
6952 bytes
Concurrency Level:
300
Time taken for tests:
9.643 seconds
Complete requests:
10000
Failed requests:
0
Write errors:
0
Total transferred:
71680000 bytes
HTML transferred:
69520000 bytes
Requests per second:
1036.97 [#/sec] (mean)
Time per request:
289.305 [ms] (mean)
Time per request:
0.964 [ms] (mean, across all concurrent requests)(※)
Transfer rate:
7258.78 [Kbytes/sec] received

※このテストでは 4 コア(4vCPU)の仮想マシンを利用しているため、WordPress の実行時間は 0.964 ミリ秒に 4 を乗じた 3.856 ミリ秒になります。

上記のテスト環境は以下の URL にて公開しています。
http://kusanagi.tokyo/

◆「KUSANAGI」プライベートクラウド版動作環境

  • WordPress 4.2.2 日本語版
  • CentOS 7
  • Nginx 1.8
  • HHVM 3.7
  • MariaDB Galera Server 10.0
  • Apache 2.4
  • PHP 5.6
  • php-fpm 5.6
  • 仮想マシンスペック KVM 4vCPU 4G メモリ 10G SSD ストレージ

その他「KUSANAGI」の詳細は以下をご覧ください。
http://kusanagi.tokyo/

◆パブリッククラウド版「KUSANAGI」リリース予定

「KUSANAGI」は 2015 年 7 月 1 日から Microsoft Azure を皮切りに国内の主要パブリッククラウドに順次対応し、無料で公開をしていきます。現在、リリース予定のパブリッククラウド版「KUSANAGI」は以下の通りです。

KUSANAGI for Microsoft Azure
KUSANAGI for IDCF クラウド
KUSANAGI for Cloudn
KUSANAGI for S-Port
KUSANAGI for AWS

■「KUSANAGI」マスコットキャラクター

草薙 沙耶 (Kusanagi Saya)

名前
草薙 沙耶 (Kusanagi Saya)

プロフィール
近未来の地球、仮想世界で戦う女性サイボーグ戦士。
草薙家に代々伝わる家宝の剣「KUSANAGI」と共に戦う。
KUSANAGI 装備時に加速して戦闘する。
口癖は「遅いわね。止まって見えるわ..」

■「KUSANAGI」マスコットキャラクター原案

超高速WordPress 仮想マシン「KUSANAGI」

■プライム・ストラテジー・グループついて

http://www.prime-strategy.asia/

私たちプライム・ストラテジー・グループはアジアを中心に活動する WordPress コンサルタントです。私たちはアジアを代表する集団を目指して、日々、WordPress に関連するビジネスに取り組んでいます。日本、インドネシアをはじめとするアジア各国で WordPress と WordPress コミュニティに貢献することが私たちのミッションの一つです。

ファーストサーバ株式会社

新しいビジネス向けレンタルサーバ「 Zenlogic 」

Yahoo!JAPAN のクラウド基盤上に機能を実装したクラウド型レンタルサーバー

ファーストサーバでは 2015 年 2 月より中小企業のためのクラウド型レンタルサーバー「 Zenlogic ホスティング 」を提供しています。
Zenlogic ホスティング

Zenlogic ホスティングは高いセキュリティレベル、大容量・高速ネットワーク、高可用性を誇る Yahoo!JAPAN の IaaS 型クラウド基盤上にレンタルサーバーの機能を備えた新しい形のサービスです。

これまでの共有レンタルサーバーのサービスではサーバー筐体全体でリソースを共有するため、同居している他環境の影響を受ける可能性がありました。
Zenlogic ホスティングはクラウド基板上に構築した仮想環境をお客様毎に割り当てるので他社の影響を受けずビジネス利用に求められるパフォーマンスと安定性を実現します。

もちろん WordPress 簡単インストール機能も装備

新たに自社開発したコントロールパネルにはもちろん WordPress 簡単インストール機能を装備しております。

WordPress の簡単インストール時には標準機能の WEB アプリケーションファイアウォール(WAF)と連携して利用できるプラグイン「SiteGuard WP Plugin」も同時にインストールしていますので設定するだけでセキュリティを向上させることができます。

また、サイトの運用でリソース不足を感じたらコントロールパネルから CPU やメモリを増やすといったクラウド型レンタルサーバならではの利用も可能です。
これまでのサービスだとデータを移行してサーバやサービスを変える必要のあった作業がリソース追加で対応できます。

メールサーバのみの利用にも!

WordPressの環境は他のクラウドサービスやVPSで構築、メールの環境は自分で構築するのはちょっとという際にも Zenlogic は最適です。

マネージドサービスなのでミドルウェアのアップデートはファーストサーバにお任せ。
DNS はコントロールパネルから Amazon Route 53 を設定する仕様になっており、環境に合わせてドメイン名ごとの DNS ゾーンの設定確認や DNS レコードを追加・編集が可能ですのでWEB の構築、コンテンツの運用にに集中していただくことが可能です。

ビジネスパートナー制度

ファーストサーバのパートナー制度は、IT ソリューションで企業のビジネスを活性化し、互いにビジネス成長を図るためのサポートシステムです。ご登録いただくことで、サービスをご紹介いただいた際の手数料のお支払いの他、営業支援など様々なメリットがあります。
詳しくはビジネスパートナー制度のページをご覧ください。

http://www.firstserver.co.jp/partner/

特典【Zenlogic ホスティング 1 年間無料!!】

ビジネスパートナーにご登録いただくと Zenlogic ホスティング 1vCPU/1GB プランを 1 年間実質無料でご提供します。また、1 年の間にホスティングをご紹介いただくと無料期間をさらに 1 年間延長いたします。
ぜひこの機会にファーストサーバのビジネスパートナー制度にご登録いただき Zenlogic ホスティングを使ってみてください!

サイボウズ株式会社

kintone(キントーン)はサイボウズ株式会社が運営するクラウド基盤「cybozu.com」上で提供されているデータベースサービスです。ドラッグ&ドロップでデータベースを設計し、JavaScriptを使った画面開発やAPIによるサービス連携で柔軟に拡張を実現。高速開発基盤としてチームで働く人を支援します。
https://kintone.cybozu.com/jp/

APIや JavaScriptによるカスタマイズ情報を提供する開発者のためのサイトと、無償の開発用ライセンスをご用意しています。
https://cybozudev.zendesk.com/hc/ja

NTTスマートコネクト株式会社

柔軟性と利便性を両立したレンタルサーバ「スマートコネクトマネージドサーバ」

 スマートコネクトマネージドサーバ(以下、マネージドサーバ)は、クラウドの柔軟性とレンタルサーバの利便性を両立させたレンタルサーバサービスです。

■コンテンツの特徴に合わせたサーバ性能を

 マネージドサーバでは、コンテンツやアクセスの特徴に合わせ、サーバのCPU・メモリ増減、サーバ追加・削減をいつでも実施することができます。また、ロードバランサオプションを用いて、アクセス規模に応じたステム構成を柔軟に構成できます。

【性能】各プランのホームページアクセス数上限の目安(PV/分)

プランA プランB プランC プランD プランE
静的コンテンツ HTTP 6,000 12,000 12,000 12,000 12,000
HTTPS 900 1,800 3,600 5,400 7,200
動的コンテンツ HTTP 120 240 480 720 960
HTTPS 80 160 320 480 640

評価方法など、詳細については下記URLでご案内しております。
http://mngsv.nttsmc.com/pv.html

■使いやすいコントロールパネル

 サーバのプラン変更をはじめ、コンテンツの管理に便利なファイルマネージャ機能、コンテンツのテストに便利なステージング機能・テストドメイン機能、ブラウザだけでサーバのコンソール(シェル)にアクセスできるWebコンソール機能など、Web制作や運用に便利な機能をコントロールパネルから簡単にご利用いただけます。
 コントロールパネルの操作感をお試しいただける、デモサイトを準備しております。
https://demo-panel.mngsv.jp/

■1台のサーバで最大200ドメインを運用可能

 1台のサーバ(1契約)で最大200ドメインまで、追加料金不要でご利用いただけます。アクセス数の少ないサイトを多数収容することで、1ドメインの単価を抑えることが可能です。(SSLの場合には、追加費用が必要です)

■PHPのバージョンアップもおまかせ

 WordPressの運用に欠かせない作業の一つとして、PHPのバージョンアップ作業があります。しかし、PHPは頻繁にバージョンアップを繰り返しており、自社で運用するのは大変な作業です。マネージドサーバでは、PHPのバージョンアップを定期的に実施しており、お客さまの手をわずらわせません。新旧のバージョン切り替えも可能です。

■WordPressインストーラ機能

 WordPressインストーラ機能を提供しており、コントロールパネルから数クリックで最新版のWordPressが利用可能です。

■広帯域・低遅延なインターネットバックボーンに直結

 NTTスマートコネクトのデータセンタは、西日本エリアにおけるインターネットの相互接続点である「JPNAP大阪」「NSPIXP-3(大阪)」の2ヵ所のIX拠点とダイレクトに接続するとともに、大手各ISPともダイレクトでピアリングしています。
http://housing.nttsmc.com/datacenter/#anc02

ゴールドスポンサー

Bluehost

Bluehost has been a WordPress partner since 2005 and powers over one million WordPress sites. Their goal is to provide outstanding hosting services and customer support for the best possible price. Bluehost is also constantly innovating and upgrading their services and infrastructure at no additional cost to their customers. Join the millions of other website owners that have already chosen Bluehost and see how they can help you with your site.

網元AMI

網元AMIとは?

網元AMIを利用すれば、誰もが簡単に高性能なWordPress専用のホスティング環境を構築可能です。

網元AMIはAWS (Amazon Web Services)にWordPressを動作させるための環境(Linux,Nginx,PHP,MySQL)をワンクリックで構築可能です。
これらは全てWordPressに最適化/チューニングされた状態で提供されますので起動後すぐにWordPressを利用することが出来ます。
レンタルサーバ感覚で、WordPressをクラウドで運用したい!そんな、希望を叶えました。

それが“網元AMI”です。

デジタルキューブ

デジタルキューブは、WordPressとAWS (Amazon Web Services) のエキスパートが在籍する技術集団です。

私たちは、これまで小規模ビジネス/大規模Webメディア/エンタープライズなど、500を超えるさまざまなWordPressサイト開発を支援しています。
それらの豊富な経験を活かし、AWS (Amazon Web Services) を利用したWordPress専門のクラウドプラットフォームの開発やハイパフォーマンスなマネージドホスティングも提供しています。私たちのエンジニアチームは専門的なスキルを武器に、技術革新のエンジンとしてあなたのビジネスに貢献することが可能です。

詳しくは、デジタルキューブの WordPress への貢献をご覧ください。

PRODUCT DESCRIPTION

AMIMOTO WordPressStack greatly simplifies the development and management of WordPress hosting.

WordPress is a content management platform that allows users to easily publish, manage, and organize a wide variety of content on a website.
AMIMOTO Stack includes ready-to-run versions of WordPress.It is completely integrated and configured, so you’ll be ready to start developing your WordPress as soon as the AMI is launched onto Amazon EC2.

This is “AMIMOTO”.

Visit AMIMOTO to learn more
http://amimoto-ami.com/

COMPANY DESCRIPTION

DigitalCube is a team of experts of WordPress and AWS (Amazon Web Services) based on Japan.We are WordPress consultant which has been listed on the Code Poet consultant list since 2008

  • Our WordPress Contributions
  • APN(AWS Partnet Network)
  • We have supported to develop more than 500 WordPress sites from small business to enterprise business.Also we have provided technical support and a hosting service by high performance cloud. Our vastly-experienced engineers would like to contribute to your business as an innovation engine.

    Our team knows WordPress

    We have also contributed to WordCamps held in Japan, the Japanese WordPress local community, Open Source Conference in Japan and so on. So, we can leverage those experiences and the network of personal contacts to support your building web sites.

    Here are some of our team members plugins:

  • Nginx Cache Controller
  • StaticPress
  • Contact Form 7
  • Visit DigitalCube to learn more

    Why are you sponsoring WordCamp Kansai 2015?

    We love WordPress and the community. We believe contributing to the Open Source is making the World better place. It would indeed be a pleasure to support WordCamp because it is a kind of a great ecosystem.

    What tip do you have for WordCamp Kansai 2015?

    Using WordPress and Cloud (AWS), even a small company build and manage a giant web site. We would like to support your business anytime, so feel free to contact us.

    We would like to share our experiences and skills.

    We have grown up with WordPress and that community for 9 years. Developing, publishing and localizing plugins and themes, contributing to the local WordCamps and the community, those are a great experience for us and supports our business.

    We would be happy if we could share our experiences and skills obtained in Japan.

    シルバースポンサー

    WPML

    OnTheGoSystems は、WPML と Toolset プラグインの作者です。

    WPML は、WordPressのウェブサイトを多言語化します。これは、キャッシング、SEOおよびeコマースのプラグインと動作し、完全な多言語サイトの構築を可能にします。WPML はシンプルなブログだけでなく、企業のサイトもサポートします。

    Toolset プラグインを使用すると、PHP なしでWordPressのサイトを開発することができます。どんなテーマや他のプラグインでも動作します。

    OnTheGoSystems は、常にチームの一員となる優秀な人材を探しています。当社の製品と採用情報の詳細については、以下をご参照ください:
    http://www.onthegosystems.com/


    OnTheGoSystems is the author of WPML and Toolset plugins.

    WPML turns WordPress websites multilingual. It works with caching, SEO and E-Commerce plugins, and allows the building of complete multilingual sites. WPML powers simple blogs as well as corporate and enterprise sites.

    Toolset plugins allow you to develop WordPress sites without PHP. They work with any theme and with other plugins.

    OnTheGoSystems is always looking for exceptional people to join the team. To learn more about our products and open positions visit:
    http://www.onthegosystems.com/

    PHPカンファレンス関西2015

    PHPカンファレンス関西は、関西最大規模のPHPエンジニアによる技術者イベントです。

    今年で5回目の開催となるPHPカンファレンス関西2015!
    公開目前のPHP7情報から話題のフレームワークセッションなど充実の内容で5月30日(土)にブリーゼプラザで開催いたします!

    これからPHPを始める人も、歴戦のPHP職人も十分に満足できる1日です! 是非ご参加ください!

    コワーキングスペースUmidass

    Umidassは、大阪府豊中市に新規オープンするコワーキングスペース、シェアオフィスです。ワーキングスペースの提供だけでなく、セミナー会場等のレンタルスペースや、起業支援、システム開発支援などをしております。

    RIMG0122

    また、運営会社である株式会社エッグレイは、WordPressを使ったWEBサイト構築をしております。

    Umidassは、今回のWordCamp Kansai 2015 が開催される大阪大学から徒歩10分の場所にありますので、一度、お立ち寄りいただければと思います。

    RIMG0139

    RIMG0133

    株式会社ジェイピー・セキュア

    JP-Secureは、「SiteGuard WP Plugin」の作者です。
    「SiteGuard WP Plugin」は、難しい知識を必要とせず、インストールするだけでWordPressのセキュリティを向上させることができるセキュリティプラグインです。

    連続したログイン試行をロックする機能のほか、ログイン画面やコメント投稿に画像認証(CAPTCHA)を追加する機能、管理ページのアクセス制限などの機能が実装されていますので、是非ご利用ください。

    当社と「SiteGuard WP Plugin」の詳細については、以下のページをご参照ください。

    JP-Secure:
    http://www.jp-secure.com/
    SiteGuard WP Plugin:
    http://www.jp-secure.com/cont/products/siteguard_wp_plugin/index.html

    Proactive Defense

    Proactive Defense

    http://www.proactivedefense.jp/

    急増するサイバー攻撃に立ち向かう。企業の信頼を守る砦!

    コンピュータやネットワークの不正侵入によるデータ漏えいや破壊、改ざん。
    企業の信頼を一瞬のうちに失墜させる、このようなサイバー攻撃が急増しています。
    Proactive Defense は、セキュリティ防衛の最前線を知るプロフェッショナルによる
    コンサルティングや教育など、充実のサービスを提供しています。

    セキュリティ診断サービスでは、Web サイトやスマートフォンアプリに
    疑似的な攻撃を行うことで、セキュリティ上の問題を洗い出し、
    問題点の詳細な内容と対策方法をご報告いたします。

    このたびリリースする Proactive Defense for WordPress では、
    WordPress に特化したのセキュリティ対策サービスをご提供します。

    TIMINGデザイン事務所

    デザイン知識ゼロの人にもよくわかる
    「ゼロからはじめるデザイン」

    デザイン知識ゼロの人にもよくわかる「ゼロからはじめるデザイン」

    2015/7/29発売:北村崇著
    TIMING代表、フリーランスデザイナーとして、セミナーや執筆活動なども行っている著者の初の単著となる書籍です。
    デザイン初心者、エンジニア、ディレクターなどのデザイン未経験の入門者が押さえておくべき基礎知識を、Tipsや実例を交えて具体的に解説しています。
    アプリケーションに特化した解説を避け、かつ専門用語をできる限り使用せずに、デザインの知識ゼロの人にも伝わる形で情報を提供することに重点をおいた初心者にやさしい本となっています。

    ■対象読者

    • ノンデザイナー(プログラマーも含む)
    • デザイン入門者
    • 就業したばかりのデザイナー
    • デザインを復習したい中級者

    ■この本の特徴

    • 豊富なTipsと具体例(サンプル)を掲載。
    • 「Before」「After」形式で作例を掲示し、初心者でも直感的に理解できるよう配慮。
    • 中級者でもデザインの参考やアイデア集として使えるクオリティのサンプルを掲載。
    • 「第3章 造形」では、ピクトグラムの視点を交えながら、アイコンやイメージ作りの初歩を実践的に解説。
    • 原稿執筆時にはデザインに関心のあるデザイン未経験者を招き入れヒアリングやレビューが繰り返され、初心者の声がふんだんに盛り込まれている。

    ■TIMINGデザイン事務所
    http://timing.jp
    北村崇 Twitter: @tah_timing

    TIMINGでは、ロゴマークデザイン、キャラクター、イラスト制作をはじめとする、印刷物やグッズなどのグラフィックデザイン全般から、Webデザイン、Webディレクション、CMS構築まで、さまざまなデザインを手掛けております。

    著作実績
    『現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド』(エムディエヌコーポレーション)
    『プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典』(エムディエヌコーポレーション)
    『ビジネスサイト制作で学ぶ WordPress「テーマカスタマイズ」徹底攻略』(マイナビ)

    WooCommerce

    WooCommerce is the world’s most popular eCommerce platform. Powered by WordPress and built by WooThemes, the goal of WooCommerce is to allow you to sell anything online – beautifully. You can integrate with payment processors, easily manage shipping methods and inventory, set up flexible tax rules, and view detailed store reports all from your WordPress dashboard.

    With a free core platform and hundreds of premium add-ons available, WooCommerce allows you to set up an online shop with functionality catered to your store’s needs.

    WooCommerceは現在世界で最も利用されいてるECシステムの一つです。WordPressのプラグインでWooThemesによって開発管理されています。WooCommerceの目指す所は、誰でもどんなものもオンラインで販売が出来るようにすることです。しかも、優雅に美しく。様々な決済方法や配送方法、在庫管理、国際的に柔軟な税金設定などにプラグインを開発・利用することで簡単に対応できるような構成になっており、WordPressのダッシュボードから詳細な店舗のレポートなども見ることが出来ます。

    このシステムのコアはオープンソースで無料で利用ができ、数々の追加プラグイン(Add-on)が公開されています。これらのすでに公開されている追加プラグインや独自にプラグインを開発することで、WooCommerceはあなたのショップのニーズに合わせて様々な機能を備えたオンラインショップに設定することが可能です。

    ツールスポンサー

    Backlog

    Backlog は「楽しくチームで仕事ができる」プロジェクト管理ツールで、コミュニケーションを楽しくスムーズにすることで、多くの企業や団体でチームワークを発揮するお手伝いをしています。ファイル共有やバージョン管理など、ウェブサイトやソフトウェアの制作に欠かせない機能をオールインワンで提供していることも特徴です。

    一見すると取っ付きにくい印象のある「プロジェクト管理ツール」。でも、実際に使ってみると

    • 「誰が・いつまでに・何を」するべきかがスッキリした
    • タスクの状況が共有され、メンバーがお互いをサポートできるようになった

    など、現場の仕事をスムーズに進める強力な手助けとなります。
    Backlog は直感的に使えるユーザ・インターフェースで、初めての方でもスムーズに使いはじめることが出来ますので、ぜひお試しください!

    タイムテーブルが公開されました!

    お待たせしました!WordCamp kansai 2015の全タイムテーブルを公開しました!

    2日間にわたり、セッションやハンズオン、アンカンファレンス、ハッカソン、コントリビューション…盛り沢山の内容となっています。各セッションの詳しい内容についてはこれからまたご紹介していきますので、楽しみにしてくださいね。
    続きを読む タイムテーブルが公開されました!

    WordCamp Kansai 2015当日スタッフ募集

    WordCamp Kansai 2015当日スタッフへ、たくさんのご応募ありがとうございました!
    応募を終了させていただきます。
    続きを読む WordCamp Kansai 2015当日スタッフ募集

    Accommodation Information

    Welcome to WordCamp Kansai 2015!

    I’m Kimiya Kitani, a PR team member of WordCamp Kansai 2015.
    Since the site’s launch on May 25th, we received tons of responses and we’re thankful for that!

    WordCamp Kansai 2015 will be in Osaka University Toyonaka Campus, Toyonaka city, which is located in the northern part north of Osaka prefecture.  Let’s get you around easily, so here are the closest stations.

    • Ishibashi station of Hankyu Takarazuka Line (13 minutes from the venue on foot, google map)
    • Shibahara station of Osaka Monorail (15 minutes from the venue  on foot, google map)

    Lodgment Information

    Best Lodgment Area

    If you’re coming from a far place, or simply want to stay in Osaka for WordCamp, here are some recommendations on places to stay:

    We recommend you to search from the northern part of Osaka prefecture or Ikeda, Toyonaka, Minoh, Suita, or an international airport area.

    Beware that there are 2 different international airports and most of the oversea flights arrives at Kansai International Airport, which is further from the venue.

    Book Early and Enjoy Your Trip!

    Osaka is an incredible city, with lots of places for sightseeing. Places to stay around Shin-Osaka, Umeda or USJ (Universal Stuidos Japan) are comfortable areas.

    We advice WordCamp attendees to book early, as Tenjin festival will be on the same weekend of WordCamp.

    Tenjin festival is one of Japan’s three greatest festivals with thousands of tourists joining from overseas and different parts of Japan. With this event, hotel bookings may become difficult.

    Please contact the organizers for inquiries and we’d be happy to help.

    遠方の皆様へ 宿泊施設エリアとホテル情報

    はじめまして!
    私は、WordCamp Kansai 2015実行委員会 広報チームの福井 洋と申します。
    5月25日の本サイト公開に伴い、たくさんの反応をいただき、誠にありがとうございます。

    今回の会場となる『大阪大学豊中キャンパス』は大阪府北部の豊中市にあり、最寄り駅はこちらの2駅です。

    • 阪急宝塚線 石橋駅 (会場まで)徒歩13分
    • 大阪モノレール 柴原駅 (会場まで)徒歩15分

    遠方から来られる方へマップ

    遠方から参加を検討されている方から、「どのへんに宿泊したらいいの?」という声をみかけました。

    新大阪・梅田以外で宿泊施設が集まるエリアとは?

    遠方から来場されるみなさんは、大阪でのイベントと聞いて、どのエリアの宿泊施設を思いつかれたでしょうか?新大阪ですか?それとも梅田ですか?ひょっとしたら、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)周辺かもしれませんね。

    これらは全国的にとても有名で、たくさんのホテルや旅館が集まっているエリアです。ビジネスや観光で来られた方にとって、それぞれの目的地まで非常にアクセスしやすいためです。

    ただ、今回の日程(7月25日・26日)は、学生さんは夏休みに入り、また天神祭という大きなお祭りの日程(7月24日・25日)と重なっています。両日ともに、大阪市内はかなりの人出が見込まれ、宿泊施設を予約するのも難しくなるでしょう。

    そこで、今回の記事では遠方から参加される方に向けての情報提供です。新大阪・梅田以外にも会場の豊中周辺にアクセスしやすいエリアと、そのホテル名を一例としてご紹介します。

    大阪北部のおすすめ宿泊検索エリア

    会場へアクセスがいいエリアとしてご紹介したいのは、大阪市内より北にある、山吹色で囲んだエリアです。会場の大阪大学豊中キャンパス周辺で宿泊施設を検索される際には、「大阪北部」「池田・豊中・箕面・吹田」などのキーワードを入れて検索してみてください。

    みなさんが利用される交通機関別にエリア名をあげると、次のようになります。

    飛行機を利用される方(大阪国際空港)

    大阪空港駅エリア(大阪モノレール)
    千里中央駅エリア(大阪モノレール、地下鉄御堂筋線)
    万博記念公園駅エリア(大阪モノレール)

    飛行機を利用される方(関西国際空港)

    江坂駅エリア(地下鉄御堂筋線)
    千里中央駅エリア(大阪モノレール、地下鉄御堂筋線)

    新幹線・在来線特急を利用される方

    江坂駅エリア(地下鉄御堂筋線)
    千里中央駅エリア(大阪モノレール、地下鉄御堂筋線)
    石橋駅エリア (阪急宝塚線)
    箕面駅エリア (阪急宝塚線支線の箕面線)

    各エリアのホテル名

    つぎにおすすめした6つのエリアごとに、ホテル名をピックアップしていきましょう。前日の24日、1日目の25日はすでにたくさんの予約があるホテルもあり、予約を確約するものではありませんがひとつの例としてご覧ください。

    1.大阪空港駅エリア

    大阪空港ホテル
    http://www.osaka-airterminal-hotel.com/
    東横INN大阪伊丹空港
    http://www.toyoko-inn.com/hotel/00241/
    グリーンリッチホテル大阪空港前
    http://www.gr-osaka.com/
    ホテルA.P(大阪空港前)
    http://www.h-oaks.co.jp/hotel-ap/

    2.千里中央駅エリア

    千里阪急ホテル
    http://www.hankyu-hotel.com/hotel/senrihh/index.html

    3.万博記念公園駅エリア

    ホテル阪急エキスポパーク
    http://www.hankyu-hotel.com/hotel/hhexpopark/index.html

    4.江坂駅エリア

    新大阪江坂東急REIホテル
    http://www.esaka.rei.tokyuhotels.co.jp/
    サニーストンホテル
    http://www.sunnystonehotel.co.jp/pc/sunny_1/
    ジーアールホテル江坂|グリーンリッチホテルズ
    http://www.gr-esaka.com/
    ホテルパークサイド
    http://www.hotel-parkside.jp/
    ホテルリブマックス江坂
    http://www.hotel-livemax.com/esaka/
    江坂セントラルホテル
    http://www.geocities.jp/esaka_central_hotel/
    第2サニーストンホテル
    http://www.sunnystonehotel.co.jp/pc/sunny_2/
    スーパーホテル御堂筋線・江坂
    http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/esaka/esaka.html

    5.石橋駅エリア

    ビジネスホテル石橋
    http://www.h6.dion.ne.jp/~world-b/
    ビジネスホテルやさか
    http://www.wombat.zaq.ne.jp/auaas400/

    6.箕面駅エリア

    箕面観光ホテル
    http://www.ooedoonsen.jp/minoh/index.html

    宿泊施設のご予約はお早めに!

    遠方から来場される方に向けて、おすすめできる宿泊施設エリアをざっと挙げてみました。みなさんは、どのエリアの宿泊施設を使えば、大阪大学豊中キャンパスまでアクセスしやすくなるでしょうか?

    大阪北部でも夏休みの行楽で、大勢の方が来られることが予想されます。できれば、お早めに宿泊施設のご予約をしていただければと思います。

    新しい「宿泊サービス」を使うのもあり

    もしかすると、「イベント当日、おともだちと行きます!」という方もいらっしゃるかもしれません。もちろんホテル・旅館を使って多人数で宿泊するのもよいでしょう。それに加えて最近よく聞く、airbnbというサービスを使うのも、「あり」かもしれません。

    https://www.airbnb.jp/s/Osaka–Osaka-Prefecture–JP

    調べていると、地下鉄御堂筋線や阪急宝塚線の沿線で、宿泊サービスを提供できる施設もあるようです。こういった新しいサービスを使いながら、WordCamp Kansai 2015を楽しむのもいかがでしょうか?

    それでは、当日たくさんの方がたに、お会いできることを楽しみにしております。

    WordCamp Kansai 2014のテーマが公式ディレクトリに掲載されました!

    こんにちは!広報チームの岡本です。

    5月26日、日本の WordCamp に新しい動きがありました。

    WordCamp Kansai 2014 のデザインが WordPress.org の「公式ディレクトリ」に掲載されました!

    公式ディレクトリとは?

    WordPress.org の「公式ディレクトリ」とは、 https://ja.wordpress.org/themes のことで、ここに掲載されているテーマは、みなさんの WordPress の管理画面から簡単にインストールすることができます。

    公式ディレクトリに掲載されているテーマの特徴には、以下のようなものがあります。

    • 自由に利用・改変・再配布ができるよう、 100%GPL で配布されている。なので、自分のブログや会社サイト、ビジネスプロジェクトに自由に利用でき、変更も可能で、友だちにあげることもできます。
    • どんな記事を投稿しても、デザインが崩れたりしないように配慮されている。
    • テーマを他のものに切り替えたとしても、入力したコンテンツがなくなったりしない。
    • php エラー、 javascript エラーなどが無い。
    • さまざまなセキュリティ上のリスクについて、一定水準以上の対策がなされている。
    • いろんなプラグインが利用されることを前提としているので、ほとんどすべてのプラグインが利用可能。

    上記のような特徴を満たすために、ボランティアによるレビューが行われているのです。

    テーマレビューは Reviewing WordPress Themes から、テーマの掲載申請は Upload Your Theme から誰でも行うことが可能ですし、WordCamp Kansai 2015 でも申請の方法の説明やハンズオン、テーマレビューへの参加ハンズオンなどが予定されています。

    WCK2014テーマについて

    今回掲載された「WCK2014テーマ」は、WordCamp Kansai 2014に使用されたテーマを、chiaki さんの手によって誰でも利用できるように少し編集が行われたテーマです。

    screenshot

    関西の6都市をモチーフとしたイベントキービジュアルもデフォルトのメイン画像として利用可能で、これはWordCamp Kansai 2014 のサイト制作に携わったデザイナーの完山さん、 spicagraph さんが 100%GPL で公開して頂けたことから可能となりました。

    WCK2014 Contributor

    Get Involved!

    WordCamp Kansai 2015 のコンセプトは、「Get Involved」。

    2015年のWordCamp Kansaiもコントリビューターデイなど、様々な形で「WordPressに関わること」ができるイベントを目指しています。

    タイムテーブルや企画・懇親会などについても随時紹介予定です!

    「気になるセッション・企画がある!」と思った時には、ぜひ下の「参加登録」ボタンからお申込みください!