Chiaki のすべての投稿

Codex翻訳、一緒に挑戦しましょう!

セッションチームの小原&YATです。
今回の記事では、Codexアカウントの作成から、翻訳してみるまでのフローをご紹介致します!

eyecatch-codex

Codexって?

日本語版WordPress の公式マニュアルです。
「公式」とつくとちょっと身構えてしまうかもしれませんが、このマニュアルは特定の誰かが全て管理しているのではなく、アカウントを取得すれば、誰でも更新が可能になります!

事前準備

Codex の翻訳には、Wiki のログイン情報が必要です。
日本語版Codex に関しては、wordpress.org のアカウントとは異なる、専用のアカウントが必要なので、注意してください。
アカウントの取得方法は、

img01-001

日本語版Codexのトップにある「続きを読む」をクリックすると、WordPress Codex 日本語版についてのページに遷移するので、

img01-002

ページ内リンクの「ログインアカウント取得方法」をクリックしてください。
すると、

img01-003

アカウントの申請方法が書いてあるので、よく読んでメールを出しましょう。

アカウントを取得したら

アカウントが取得できたら、いよいよ翻訳です!
どのページを翻訳しようか迷ったら、未翻訳且つ、優先度の高いページに着手してみましょう。

img02-001

img02-002

img02-003

img02-004

img02-005

おっと、翻訳する前に「このページを翻訳します!」と宣言しちゃいましょう!

img02-02-001

img02-02-002

この[+/-] をクリックすると、編集画面に遷移します。

img02-02-003

ここで、コメントにしたがって「今から翻訳するページ」と自分の署名を入れます。

img02-02-004

入力が終わったら、「編集内容の要約」に、編集した内容を記述します。
今回の場合ですと、「○○というページを翻訳するため、作業予約を記入」という具合になります。
そこまで出来れば、ページを保存します。
これで、「自分が今このページを翻訳中です!」というのが誰にでもわかるようになりました。

ページを翻訳してみよう

いよいよ翻訳です!もし、翻訳したいページに英語版へのリンクが貼られていなかったら
英語版のwordpress.org で関数を検索し、翻訳元になるページを探しましょう。

img03-001

img03-002

img03-003

img03-004

まずは、この英語のページをまるっとコピーし、日本語版Codex にもっていきましょう!
このあたりの手順については、日本語版Codex が丁寧に解説しているので、そちらをご確認下さい。

編集画面はこんなかんじです!

img04-001

Wiki の記法がわからなくなったときは、「編集の仕方」から確認できます。
別ウィンドウで開くので、書いた内容が消えちゃった!ということはありません。

img04-002

編集したら、プレビューで一旦確認するクセをつけるといいと思います。
編集が終わったら、作業予約のときと同様、「作業内容の要約」を入力して、
ページを保存します。

img04-003

翻訳を助けるツール

「英語がわからないから、Codex の翻訳なんてできっこない・・・」という、そこのあなた!
大丈夫です、今回初めてCodex の翻訳にチャレンジしてみた私達も、英語は全く出来ません!
世の中には翻訳ツールという便利なものがたくさんありますので、これを駆使してやってみましょう。

翻訳ツールにざっくり翻訳してもらう→もっとわかりやすい日本語に直す

私達はこんな手順で更新しました。
また、翻訳の参考に下記サイトを利用させていただきました。

1ページまるまる翻訳する必要はなし!

やり始めたら全部やらないといけない、ということはありません。
このCodex はひとりの力で完成させるものではなく、みんなで作っていくものです。
今回は1ページ新しく作るという観点から、Codex 翻訳について紹介しましたが
たとえばこのページのように、部分的に翻訳されていない箇所を翻訳する、というのも大歓迎なのです!

「自分がよくつかうタグなのに日本語版Codex に載ってない・・・」と思ったら、自分で書いてしまいましょう。
使い方をまとめることによって、タグへの理解が更に深まります。そして、あなたと同じように困った、誰かのためにもなります。

今回のWordCamp Kansai 2015では、Codexを翻訳しようぜというハンズオンがあります。わからなくなったらその場で質問が出来るので、Codex 翻訳に一歩踏み出すのにこれほど適した日はありません!

あなたもWordCamp Kansai 2015で、Codex コントリビューターになりませんか?